【スマホで読書】アップルブックスで名作を読むススメ【iPhoneアプリ】

Apple Books で名作を 読書しよう
こんにちは。マサタカです。

みなさん、読書してますか?

時間がなくて読めない、、という人は多いと思う。

そこで、スマホでしかも無料で気軽に読書をする方法を紹介したい!

それは、「アップルブックス」だ。

Apple Books

Apple Books

Apple無料posted withアプリーチ

 

あまり、知られてないけどiPhoneユーザーであれば誰でも使えるんです。

その魅力をできるだけ伝えたい!



名作はやっぱり良い

文豪の作品を堪能する

アップルブックスには無料でダウンロードできる本がたくさんがある。

その中で、いわゆる誰もが知っているような過去の名作も含まれている。

例えば、これらだ。

これら文豪の名作が無料で読める!

  • 太宰治
  • 夏目漱石
  • 芥川龍之介
  • 宮沢賢治
  • 森鴎外

 

誰もが知ってる偉人ですよね?教科書に載ってるので、日本人なら知らない人は少ないと思う。

誰もが知っている、ということはそれほど素晴らしい作品ということ。

そんなこと言っても何を読めばいいのかわからん!という人向けに、「絶対に面白い」作品をいくつか紹介したい。

 

絶対に読んでおきたい名作

僕は太宰治の世界観が好きだ。その中でも名作なのはこれ。

人間失格

created by Rinker
新潮社
¥302 (2020/01/20 16:26:18時点 Amazon調べ-詳細)

恥の多い生涯を送って来ました。

あまりにも有名なこのフレーズから始まる文章は、最後までスッと読めてしまう。

内容はものすごく人間の卑屈なところが出ています(笑)

世間の常識には決して染まらない、けど人として生きるその様は魅力的。

最後の方は少し後味悪い感じだけど、そのあたりもリアルですごく好き。

斜陽

created by Rinker
¥374 (2020/01/20 16:26:19時点 Amazon調べ-詳細)

これも太宰治の名作。まさに、栄枯盛衰を描いた作品。

今作で特にすごいと思うのが、女性の気持ちがキメ細かく表現されていること。

金が無い苦しみ、肉親の死、ドラッグと酒、男と女、、リアルな現実をスッキリと読みやすく仕上がってます。

坊っちゃん

夏目漱石の超有名な作品。聞いたことのない日本人はいないでしょう。

実は僕、恥ずかしながらこのアップルブックスで初めて読みました。

想像とはかなり違いましたが、人間の素直な気持ちが書かれている文章を僕は好きなんだと思う。

主人公目線の内容で、この手の作品の中ではとてもわかり易い。

この主人公、かなり僕は共感できるのですごく面白かった!


アップルブックスの良いところ

僕が思うアップルブックスの良いところを2つほど紹介します。

読みやすいスクロール表示

まず1つは「スクロール表示」です。

本を読むという行為は、ページをめくることだ。

スクロール表示はこの概念を壊すような機能。

デフォルトではページめくりなのだが、設定ですぐにスクロール表示に切り替えられる。

設定でONにするだけ

使ってもらえばわかると思うけど、ホントに読みやすい。

区切りがないので、少し前の読み直しとかが楽になるのがとっても助かる。

是非ともKindleでも採用してほしい!

 

読書目標を設定できる

面白いと思ったのが1日の読書時間を設定できること。

毎日の読書を欠かさないようにしたいものですが、つい忙しくて読まなくなっていく。耳が痛い人は多いと思う(笑)

そんな人向けの機能。

読書時間を記録してくれる

こんな感じで今日は何分読んだか?を計測してくれます。目標まであと何分かもすぐに書くにできます。

連続何日読んだか?も記録されるので、途切れさせないように読もう!という気にさせてくれます。


まとめ

気になる方はまずは1冊ダウンロードしてみよう。

スキマ時間にiPhoneでさっと読めるので、案外すぐに1冊読めてしまいますよ。

読書の習慣は人生を豊かにしてくれます。これは間違いないですよ。

iPhoneネタまた書きます!